市川春子さんの短編集2

細い線、吸い込まれそうな黒色、
台詞がなくても伝わってくる登場人物たちの想い、迷い、嘆き、
繊細な描写がたまらんほど好き