発表されてからかなり経って(『BLUE GIANT SUPREME』の1巻が出た頃)から読んだので、連載当初から雑誌で読んでいるとか、単行本化を待っていてという感覚ではありません。
簡単に言えば、JAZZを聞いてドハマりした高校生の宮本大はただJAZZを聞いてハマっただけのド素人の高校生(しかもバスケ部という畑違い)だが、独学でサックスを覚え、練習して、色んな経験をしながら上達して行くストーリー。
たまたま、JAZZという音楽に出会って、実際に楽器を手にして〜って過程は、JAZZじゃなくてもROCKでも民謡でも世の中にはゴロゴロ転がっている話だと思うし、自分がハマった音楽が世に受け入れられるとか、人気が下火だとかって肌感覚を感じる部分も、自分がハマった音楽を他の人に勧めたい・広めたいって気持ちは物凄くわかるし、これもまた世の中にはありふれていると思います。
でも、実際に動き出す、真摯に取り組む、現実的な結果を受け止めた上で前に進むって中々難しいコトじゃないか?と感じますね。
今の世の中、口先で感動とか語る人もいるし、一生懸命を野次馬根性で茶化した上に自分も努力した気になる人もいる。
逆に一生懸命である人を白眼視してバカにする風潮すらあるけど、このストーリーは自分の夢や希望や目標に向かって、難しくても、失敗しても、周りが良くも悪くもどんな反応をしても、ソレを受け止めて魂を熱く燃やして前に進む努力を続ける話だと思う。
例え作り話であっても大切な熱さを教えてくれる、まるで作中の実際には音がしない音楽が耳に聞こえてくるようなマンガだと感じます。
萌え系の美少女が沢山出てきて都合良く恋愛したり、何の脈絡も無いセクシーシーンがあるような流行りばかり追っている没個性のクズマンガに比べて100倍も1000倍もオススメです!