クズな作者が自分は真面で周りがクズと言う設定で描いているのか真面な作者がクズ自演してるのか判らないスタンスの漫画だけど読んでいて面白いけどイラっともします。3巻も編集長を始め人格者な登場人物に救われています。巻末マンガの怪我のシーンに関しては3名の登場人物全てが同列と言う凄さ。