元々「ネオ寄生獣」で作者を知り、短編が非常に面白かった。しばらくして「リバーシ」の1巻が出た時に読んでイマイチだったので読むのやめましたが、3巻になって評価が急変しているのを目にし、通して今回読んで見ました。

う〜ん、話の全貌が分かってきて確かに面白くなってきていますが、これは4巻出るまで待った方がいいかも知れません。3巻じゃまだ少ない。…というか完結してから一気に読むのが一番いいですね。

「亜人」のような疾走感のある映画のようなスタイルなので、完結してから読んだ方が後悔しないと思います。止められると非常にもどかしい。

「寄生獣」に作画・セリフ・間 等々かなり寄せて(というか同じように)作ってますが、なぜか同じようにはならない不思議を感じます。「寄生獣」ありきの作品なので、登場人物と世界観を把握してるファンならハマります。認めない人もいるみたいですが…。