新人消防士の漫画。90年代の漫画です。
最初はよくある、調子にのった主人公が「俺が皆を助けるぜ!」から始まり挫折からの真面目に頑張る!感じのエピソードかなと思ったけれど、いい意味で裏切られた。
始めらへんはほ~んという感じで読んでたけど4、5巻あたりから目が離せなくなる。
主人公の火事に対する執着と、才能が物凄く胸を熱くしてくれる。こんな特別な人間になりたかった人生だった……。
最終的に「お前ならやってくれると思ったぜ大吾ォ!!」と叫びたくなる。ひとつ読んだらはよ続きを読みたくなる。実質シャブだな。私はそれで本屋を駆け回り全巻揃えてしまいました。
スカッとしたい人や青春のアツさを感じたい人にオススメ。
青春