新刊11巻発売と同時に再読。

ヤバいっすね。話は大概忘れてましたが、読んだ感想は「ヤバい」です。

何かのインタビューで読んだんですが『レイリ』の作画(室井大資)を決める際、「ユーモアがあるか?どうかが基準」みたいな事を言っていましたが、久々に『ヒストリエ』を最初から読んでみて、深読みせず、常にそこ “ユーモア” (おとぼけ?)に注目しながら読んでみました。
歴史