表紙を見ると帯に「両片思い ついに…!」って書かれていてこれは盛大なネタバレでは…?と思いながら読んでました。
帯にあった通り、もだもだしていた2人の恋がついに…!なんですが、お互いの告白シーンがとても良かったです。
ずっと告白するなら星からかなーと思っていたんですが、顕からだったので少し意外でした。顕が星に「好きだ」と連呼している時の表情で「やっと思いを伝えられて良かったね…」と思い、心臓が痛くなりました。
その後の星の「顕が大好きだ」という台詞がド直球すぎてとても星らしいと思いました。
あと、両思いだと分かった瞬間に星が顕に抱きつこうとしていて可愛かったです。
とにかく顕くんが報われて良かったです。今までずっと上手く思いを伝えられない不器用な面とか我慢してる顔とか見てきたので…
それから2人の周辺の人間関係も少しずつ変化していて先が気になります。
あとがきに「読者の方はどーせ告白はまだなんだろとか思ってたのかもしれないですね(笑)」と書いてあったのですが、まさにその通りだったので少し笑ってしまいました。
この巻は2人の思いが通じあって終わるので、これから先2人の距離感がどのように変化するのか楽しみです。
両片思い
高校生
BL