よくここまで精神的にグロテスクで吐き気を伴う描写を描けるよな…​…​作者は間違いなく人でなし(褒め言葉のつもり)
爽やかで可愛い表紙に「今回はさくっと読めるかも」と読み始めて即後悔。毎回毎回表紙に騙されてる気がする。
こんなにも不条理で救われない話なのに、それでも「もう読みたくない」とは思えないのがメイドインアビスのすごいところ
登場人物への救いはもう求めないけれど(でもあってもいいのよ…​…​)、物語として救いがありますように