ジャンプ➕の連載で更新を心待ちにしていた作品だったので単行本購入。
ブーメランパンツ野郎とふざけた作者名だが、
ストーリーは一品。
正直、絵は上手いとは言えない。
だけど、その絵が内容の不気味さを演出するのには素晴らしくあっている。
誰もが思う負の心の叫びが聞こえてくる。
勿論ユニークな作品もあり、私は「面接」が好きだ。
面接なんかで本音なんかわかるわけない!
だから、スマートフォンのネットアクセス履歴、アプリ履歴…携帯を見れば面接者の真実がわかる…
いやいや、その通りだけど見せたくない…
でも、確かに私たちの趣味嗜好、思考、人格はスマホだけである程度計れてしまい、もっと言えばコピーロボットのようだとも言えてしまうのではないか?と何度も読み返しては悶々としてしまう漫画だ。