ドラマ?にもなった有名漫画。

一冊一冊が分厚く巻数も全部で22+2(続編)なので、読み応えが凄かった。正直一度のTSUTAYAレンタルで4〜6冊が限度かな、個人的に。内容は凄い続きを気にさせる感じだけど、疲れます。


簡単にストーリーを説明すると、主人公のケンヂと小学生時代の友達が書いた予言の書には人類滅亡計画が書かれていた。
なんと大人になってその計画を実行しようとする輩が現れ…予言の書の内容を知っている主人公は人類滅亡を阻止すべく悪に立ち向かう…みたいな感じのストーリー。

本当に大雑把に書いたけど、描写は1つ1つ丁寧です。
出てくる登場人物も主要人物は基本的に小学生時代のあだ名なので、登場人物が多い割には覚えやすい。
内容が結構複雑なので、「え?結局どういうこと?」となってしまうが、考察サイトとか見る面白さはあるのかなーって感じ。私はまだ見れてないけど。